GPS Logger + Caplio R5 + MacBook(MacOSX)でGPS連動写真を楽しむ

ツーリングや遊びにいったときに写真と地図が連動すると楽しいですよね。
Garmin(も持ってますが)などポータブルナビもいいんですが、電池の持ちの関係もあります。
そんな時、GoogeEarthと連動した旅行記をみてGPS Loggerの存在を知りました。
それならということでデジカメのExif情報とも連動させるプログラムをつくってみました。

はじめに

Windowsならそういうことができるソフトも付いてますし、 MacOSX用にもJetPhoto Studioなどもあります。 でも細かいKMLの表記なども気になるし、一括でバッチ処理したかった事もあるし、で勉強も兼ねて作ってみました。 ポイントは↓なところ。

  • Exifの撮影時間とGPS Loggerの計測時間をマッチング
  • ExifにGPS情報(緯度経度高度)と算出した住所文字列をExifコメントに追記して写真だけ見ても場所がわかるように。
  • 移動量が閾値を超えると経路トラックを分割して後の修正があっても楽に
  • コマンド1発でKMZファイルまで作る。
  • perlとshellスクリプトで実装し、実はOSに依存しない?!

GPS Logger : WBT-201

WBT-201

GPS Logger : WBT-201です。右が本体、左がシガーソケット用のアダプタです。 SDカードは大きさの比較サンプルです。USB端子から充電します。
北海道旭川のGPSDGPSで購入しました。 http://www.gpsdgps.com/product/pr_wbt-201.htm

※ちなみにオープン記念とかで頭頂部にGPSを収納できるキャップがもらえるんですが、これはちょっと・・・

BluetoothでMacBookと接続(はしちゃいけません)

Bluetooth

WBT-201はBluetoothが付いていますが日本の技術認証を受けていないので電波法に抵触するそうです。
BootCampなどでWindowsをいれたあとUSB接続にしてください・・・ (゜Д゜=)ノ⌒゜
ちなみにGPSLoggerのBluetooth接続の際にBluetooth設定アシスタントで(パスキーオプション…)を画面の用にパスキー使わない設定にすると、アメリカに行った時も幸せになれるかと思います。

HoudahGPSでログ取り込み

HoudahGPS

MacOSXを使ってる場合にはHoudahGPSというソフトでログが取得できます。
http://www.versiontracker.com/dyn/moreinfo/macosx/32713&mode=feedback
Win用のTimeMachineXでは細かい設定ができるそうです。 (私はMacしか持ってませんので初期状態のまま使ってます。)
KMLでも書き出せるのでそのままGoogleEarthでみれます。

一括変換!

dir_01

こんな感じで、
/20051005などのディレクトリを作り
 /gpx以下にgpxファイル(複数でもOK)、
 /pict以下にイメージファイル(Caplio R5で撮影したもの)。
を置いときます。
で、自作のスクリプトで20071005を指定して実行!

./make_kml.sh 20071005
すると、ディレクトリはこんなようになります。

dir_02

/pictaddr以下にできた画像にはExif情報に緯度経度と住所が追記されています。
 /track.kml が生成されたKMLファイル。
 /track.kmz が生成されたKMZファイル(track.kml + pictaddr をzip したもの)。

exif.png

[ユーザのコメント]に住所文字列、GPSのプロパティに位置情報が埋め込まれてます。

GoogleEarthで確認

KMZファイルをGoogleEarthで開きます。

GoogleEarth

全体図

GoogleEarth

名称に住所文字列が入っているのがわかりますか?

まとめ

GPS設定をしてみる [2007/11追記]

購入時のままだとノイズが多くてツールでフィルタリングを試したりしましたが、なかなかうまくいきませんでした。
時期よくMacOSX10.5にアップグレードして、WinXP(OEM版)もインストールしたのでTimeMachineXも使えるようになりました。
ほとんどソフトの初期設定のままですが↓のように設定しました。

exif.png

進行方向

exif.png

速度

exif.png

時間

exif.png

距離

exif.png

混合方式

設定後バイクで都内を走ってみましたが非常に精度がいいです。

exif.png

GoogleEarthにて、データの加工はしてません。

徒歩でのスピードではまだ試していませんが、変換ツールの方のフィルタ部分を気にしなくていいのでだいぶ楽になりました。